新潟ラプソディー

岡本太郎写真展

昨日、新潟市美術館でゆったりとした雰囲気の中、

じっくりと写真展を見る。

すべてモノクロの写真で見応えがあった。

岡本太郎が発見した生活する人々の姿や風物を捕らえる目は、現在をも捕らえているようにも見える。


c0019131_18231365.jpg

[PR]
by ozemu | 2009-01-11 17:52 | モノクロ写真 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ozemu.exblog.jp/tb/10576309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rollingwest at 2009-01-12 09:48
原色・ピカソ風の岡本太郎がモノクロ写真の数々を撮っていたなんて信じられないですね。小生の住む川崎市には岡本太郎の常設美術館があります。(生田緑地) 岡本かの子(太郎の母親)が川崎出身というゆかりですが、市に寄贈された太郎作品が約1800点ありますので機会あれば訪ねてみてください。
Commented by ozemu at 2009-01-12 10:07
>rollingwestさん、
芸術新潮に連載するため、精力的に各地を取材したとのことです。

今回の作品展は、すべて川崎市の岡本太郎美術館所蔵品からです。
是非一度は訪れたいと思います。