新潟ラプソディー

個性の追求

先日、川井郁子さんのバイオリンを聴きに行ってきました。

彼女は、鼓弓の音をバイオリンで表現しようと、感情豊かに頑張って弾いています。

テーマを絞るというのはよいのですが、写真もそうですが、個性を追求しすぎると、好きな人と嫌いな人が出てくるような気がします。

私としては、オーソドックスな、宮本笑里のような優しい音色がよいと思うのですが。

いかがでしょうか。
[PR]
by ozemu | 2010-02-22 21:18 | 出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ozemu.exblog.jp/tb/13795637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。