新潟ラプソディー

モノクロプリント

モノクロに興味を持ち始めて、早2年、今ではやっとプリントを覚えは初めていたところ、しばらくやらないと感が鈍ってします。

そんなときは素敵な写真をため息しながら、見ている。
その中でもこの2人はやっぱり素晴らしい。

ロベール・ドアノー

マイケル・ケンナ
[PR]
by ozemu | 2005-04-05 21:46 | モノクロ写真 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://ozemu.exblog.jp/tb/1389213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ユキノヒノシマウマ at 2005-04-27 07:42
タイトル : ロベール・ドアノーの市庁舎前のキスの巻
 大好きなドアノーの写真が、約2100万円もの高値で落札された。 いくら有名な作...... more
Commented by mikkabozz at 2005-04-06 19:51 x
こんにちは。
この二人はモノクロームの作品の中でも特にいいですね。
ドアノーは前から好きで写真集も何冊か持っていますが、僕も最近はマイケル・ケンナにかなりはまっています。同時代人というのが先ずいいですね。更に日本の風景をたくさん撮っているのがまたいいですね。見慣れているはずの風景が全く違うものに見えてびっくりします。美しくて、うっとりするというのがぴったりの写真ですね。
Commented by ozemu at 2005-04-06 21:36
本当に綺麗に撮れていて、憧れますね。
カラーなんかより、なんて想像させてくれるんでしょうか。
Commented by maison_jours at 2005-04-09 21:23
はじめまして。りゅんぬと申します。
わたしもマイケル・ケンナの魅力にとりつかれている一人です。
つい先月だったか、来日されていたんですよね。新しい写真集もいろいろと想像力をかきたててくれますよね。写真の技術はぜんぜんわかりませんが、ケンナの作品に宿る魂のようなものは伝わってきます。
Commented by ozemu at 2005-04-09 22:02
りゅんぬさん、ご訪問ありがとうございます。
モノクロ写真を主に撮っているので、モノクロ写真家には大変興味があります。
ケンナの写真はとても美しいと思います。
また、ゆっくりとご訪問下さい。