「ほっ」と。キャンペーン

新潟ラプソディー

写真展

今日は、今まで取れなかった夏休みを取って、写真展に行ってきました。

村井勇写真展 ロオリング
(2010.9.22-30 於:新潟絵屋)
スクエアフォーマットで、窓からのぞいているような、懐かしい、どこかにあるような風景が並んでいます。
販売もしていましたので、癒しの空間を是非お求めください。

村井さんがいられ、しばし写真談義におつきあいいただきました。
c0019131_2024205.jpg
c0019131_2024813.jpg



もう一つは、トミオカホワイト美術館
あの壮大な描写は、空撮によるところが大きいということでしょうか。
c0019131_20245550.jpg

[PR]
by ozemu | 2010-09-27 20:24 | 出来事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ozemu.exblog.jp/tb/15195140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rollingwest at 2010-09-27 22:07
背景の色を変えてムードでリニューアルいい感じです。
田んぼの背景の山は御神楽岳周辺あたりでしょうか?
Commented by ozemu at 2010-09-27 22:17
> rollingwestさん、
たびたびのご訪問ありがとうございます。
山は、トミオカホワイト美術館から見える八海山です。
Commented by rollingwest at 2010-09-28 21:11
久々にこちらにもご来訪いただきありがとうございました。
そうでしたか、六日町の稲穂風景だったんですね。
八海山は4年前に登りましたが、頂上稜線の岩場は本当に恐ろしかった思い出があります。ルートの鎖は完備しておらず、看板表示には「足を滑らしたら命はありません」・・・。
雨・風が強ければまさに命懸け、下手をしたら真逆さまに谷底の状態でした。
この写真をよく見ればその稜線ギザギザ状態がよくわかります。
Commented by ozemu at 2010-09-29 20:19
>rollingwestさん、今晩は。
すごいですね、たくさんの山を登っていられるのですね。