「ほっ」と。キャンペーン

新潟ラプソディー

宣告の日

3回目の宣告の日、11月16日。

天気は晴れ。
秋風が冷たく肌に刺してくる。
病院内のギャラリーで、写真を眺めて心を落ち着かせる。
呼ばれたのは2番目、異常ありませんでした。ただ、年の割に前立腺が大きいとのこと。
はい、6か月後また検査に来てください。

コレで一安心、これまでもPSA検査の数値が上がってきてもずっと、異常がなかった。
妻に早速メールを入れる。

秋の太陽を眩しく感じながら、職場に向かう。

しかし、パワーはダウンしたまま。
いつ改善してくれるのか。
[PR]
by ozemu | 2010-11-20 18:06 | 出来事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ozemu.exblog.jp/tb/15485982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nekosan61 at 2010-11-21 23:24
こんばんは
とりあえず、異常がなくてよかったfですね~!
一杯飲みたいですね!
Commented by ozemu at 2010-11-22 20:11
>nekosan61さん、今晩は。
病気が気になるということは年を取ったんだと思います。
今度ご一緒したいですね。
Commented by sakaituu at 2010-12-28 23:50
お久しぶりです!
 「生病老死」 人は生まれて病気になり年老いて死んでいく
  誰もが甘んじて通る定めですが、頭でわかっていても
自分の事になると、不安でどうしょうもないですね
 でも良かったですね!
Commented by ozemu at 2010-12-30 18:04
>sakaituuさん、ありがとうございます。
最近、仕事も家庭のことも忙しく、ブログの更新を怠けています。