新潟ラプソディー

空はなぜ青い

地球の空はとても多彩で、晴れの日には青い空、雲に覆われれば白やグレーの空が広がり、また夕日が沈むときには赤い夕焼けなど様々な景色で私たちを楽しませてくれていますね。

 このような現象は、地球に大気があるために引き起こされるもので、もし大気がなければ、空を見上げてもなんの変哲もなく、まるで宇宙船から見る宇宙空間のように、恐ろしいくらいに暗黒の空が広がっていることになります。

 空の色に関する現象は、主に大気中に存在する様々な種類の粒子による太陽光の散乱により引き起こされます。青空は空気分子による散乱光そのものを見ていることになります。逆に夕焼けの太陽光は、太陽の光が大気を通過する距離が長いので、このような散乱光によって青い光が取り除かれてしまい、赤く見えることによります。
[PR]
by ozemu | 2002-08-25 22:17 | 気象のお話