新潟ラプソディー

マックホルツ彗星

昨年8月に発見されたマックホルツ彗星が、今日6日に地球に最接近します。暗いところなら肉眼でも見える3等級の明るさになり、ぼうっと淡い光を放つ姿が今月末まで楽しめそうです。
最も見つけやすいのは7〜9日ごろで、夕方から真夜中過ぎまで南方の空に高くのぼり、おうし座の中で輝く星団「すばる」のすぐ近くに位置します。
ですから、マックホルツ彗星を見るには、すばるを見つけることから始めましょう。もしすばるがすぐにわからないようでしたら、有名でよく目立つ冬の星座オリオン座を見つけましょう。オリオン座は、4つの星が形作る長方形の真ん中に3つの星が並んだ、わかりやすい形の星座です。その右上がおうし座です。
この機会に是非ご覧になって下さい。
ただ、残念なことに、こちら日本海側では冬型の気圧配置で、見えそうにないですね。
2003年8月撮影「宇宙からの贈り物」
 
c0019131_21394937.jpg

[PR]
by ozemu | 2005-01-06 20:38 | 宇宙のお話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ozemu.exblog.jp/tb/231425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。