新潟ラプソディー

パイプオルガン

パイプオルガンが聞けるということで、リュートピアへ。

コンサートホールのパイプオルガンは、4,843本のパイプを有し、国内では十指にはいる大きさだそうだ。
距離があるせいでそう大きく感じない。

荘厳な音でバッハのBVW562が始まった。
だんだん音に慣れてしまうと、低音が耳障りで耐えられなくなって、仕方なく眠ってしまった。
[PR]
by ozemu | 2006-03-19 21:34 | 出来事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ozemu.exblog.jp/tb/3678175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もうぞう at 2006-03-20 06:42 x
パイプオルガン、1度聞いてみたいんですがね~
リュートピアのコンサートホールは、入ったことありますが、音も雰囲気もいい感じでした。
Commented by ozemu at 2006-03-20 21:57
2億円の音は、荘厳につきます。
1度は弾いてみたいですが、とても無理でしょうが。
Commented by tomorou_takurou at 2006-03-21 22:08 x
>眠ってしまった。
笑ってしまいました。確かに長いと苦痛かもしれませんね。
元をとって納得してもらうには一般開放しかないのでは?
Commented by ozemu at 2006-03-22 22:16
暗かったので、本当に眠くなってしまいました。