新潟ラプソディー

シャッター通り

久しぶりに、新潟の白山から古町、本町を歩く。
月曜日だが休日なのに、シャッターが降りている店の多いこと。
何を売っているのか分からないお店も。
しっかり戸を閉めて一見さんお断り風の見せも。
貸店舗のチラシもちらほら。
全く貸せる気もないのか、古くてどうにもならない建物も。
本町のスーパーに入ったが、一般的なものの在庫がなく用事が足りない。
結局三条で買ってしまう。

三条も同じ状況で、商店街からお店が亡くなっていく。

やはり地主が、大店舗やマンションの話しが来るのを待っているだけなのか。
[PR]
by ozemu | 2007-09-24 20:24 | 出来事