新潟ラプソディー

<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

春を呼ぶ

能生町(現糸魚川市)白山神社

田舎の神社で春を呼ぶ祭り。

c0019131_20313682.jpg


c0019131_2032675.jpg


c0019131_20322325.jpg

[PR]
by ozemu | 2005-04-24 20:35 | カラー写真

桜も見納めです

あっという間に桜が咲いて、この週末で終わりでしょうか。

昨晩はあられも降ったようですが、異常気象ですね。

c0019131_2122347.jpg
c0019131_2124475.jpg

[PR]
by ozemu | 2005-04-23 21:02 | カラー写真

菜の花に浮かれる

福島潟の菜の花畑。

何となく、心も浮き浮きしてきて、

大勢の家族連れの方が訪れていました。

巻町の上堰潟公園、小千谷の山本山も有名ですね。

c0019131_19475962.jpg

[PR]
by ozemu | 2005-04-17 19:54 | カラー写真

春の訪れ

雪国にも春が訪れた

c0019131_20323931.jpg


c0019131_20335698.jpg

[PR]
by ozemu | 2005-04-16 20:36 | カラー写真

けんか祭り

雪国に春を伝える祭り

糸魚川けんか祭り

c0019131_21252763.jpg

c0019131_21254828.jpg

c0019131_2126159.jpg

[PR]
by ozemu | 2005-04-10 21:28 | カラー写真

新潟の写真家たち

新潟にも多くの写真家がいた。

今日、見てきた写真展は、物故作家の7人の写真家。

ほとんどが、モノクロプリントで、最近モノクロがほとんどの私にはうれしいことだった。

岡田紅陽の富士の写真では、「神韻霊峰」黒い中に、富士が浮き上がってくるなんと素晴らしい写真なんだろう。

濱谷浩では、どれも素晴らしいが、1枚をあげるとするとやはり「雪道をいそぐ女」だろう。

冬の日本海をバックに老女が急ぎ足で歩いている。もう一枚は、同じ作家の「棟方志功」だろう。

早速、學藝諸家を手に入れた。大きなプリントにはかなわないが、見応えのある写真集だ。

新潟にも素敵な写真家が大勢いたものだ。

c0019131_20374480.jpg

[PR]
by ozemu | 2005-04-09 20:40 | カラー写真

モノクロプリント

モノクロに興味を持ち始めて、早2年、今ではやっとプリントを覚えは初めていたところ、しばらくやらないと感が鈍ってします。

そんなときは素敵な写真をため息しながら、見ている。
その中でもこの2人はやっぱり素晴らしい。

ロベール・ドアノー

マイケル・ケンナ
[PR]
by ozemu | 2005-04-05 21:46 | モノクロ写真